商標登録ガイド

商標登録をサポートします

費用・料金

商標登録出願のためにかかる費用は、大まかに分けて、

@ 出願のための費用
特許出願する際には、特許庁に出願料を支払います。
出願料は区分の数によって異なります。

A 弁理士費用
商標調査や出願代行を弁理士に依頼した場合には、弁理士費用がかかります。

B 登録のための費用
商標登録が認められた場合には、特許庁に登録料を支払います。
登録料は区分の数によって異なります。

C 中間処理にかかる費用
審査の段階で、拒絶理由通知がきた場合には、補正書や意見書を提出して反論します。
補正書や意見書の作成を弁理士に依頼した場合には、弁理士費用がかかります。

D 審判にかかる費用
拒絶査定がされた場合であって、その結果に不服がある場合には、拒絶査定不服審判を請求します。
拒絶査定不服審判を請求する際には、特許庁に審判請求費を支払います。
審判請求費は区分の数によって異なります。
また弁理士に審判請求を依頼した場合には、弁理士費用がかかります。

などが挙げられます。


Website Menu

トップページ
商標について
商標権の効力
存続期間
更新手続き
移転手続き
商標調査
よくある質問
商標トピックス
費用・料金
お問合わせ